TOP 引き出物 結婚式引き出物 喜ばれる引き出物

目次

  1. 喜ばれる引き出物
  2. 引き出物から地域性を知りましょう
  3. サービスを引き出物として贈る
  4. 結婚式で人気の引き出物は?
  5. 引き出物と一緒に引き菓子を贈ろう
  6. 気品あふれる結婚式の引き出物
  7. マンネリ化しない引き出物
  8. いろんな意見がある引き出物
  9. ウエディング時に決める引き出物
  10. 引き出物の意味と必要な品数
  11. 好まれる引き出物の傾向
  12. 友人や職場の人に贈る引き出物
  13. 最近の引き出物の特徴
  14. 引き出物を選ぶ注意点
  15. 引き出物に込められる思い
  16. 結婚式で人気の引き出物

喜ばれる引き出物

年配の人はしきたりに従った物などを好む傾向にある、という話を聞いた事があります。しかしながら、結婚式に招待する人の多くが若い人だという事もあるでしょう。

その様な場合には、結婚式の引き出物をどの様に決定しますか。

若い人は、新しい物やおしゃれな物などを好む事もある様です。上品な感じがして、少しリッチだと感じる様な物がおすすめです。

結婚式だからという事で、あまり堅苦しく考えすぎるのではなく、本人がもらって喜びそうな物を意識するのもいいかもしれませんね。

引き出物は相手の世代によっても、異なる物にした方がいい場合もあるでしょう。

気軽に考えた方が、具体的に物を決定しやすい事もあるでしょう。

引き出物から地域性を知りましょう

結婚式の引き出物には地域性があり比べてみると非常に個性的です。北海道では会費制のパーティが主流で引き出物は安価な記念品やお菓子が人気。秋田や山形は寝具を用意して事前に送る場合もあるそうです。

富山では鯛や富士山などおめでたい物をかたどったかまぼこが欠かせません。豪華な嫁入りで有名な東海地方の愛知や岐阜はかさのある重い物を贈るのが風習です。引菓子一つとっても兵庫県淡路島の「お嫁入り饅頭」香川や愛媛の米菓子「おいり」その地方により郷土色豊かなお菓子が用意されます。

このように特徴のある引き出物は県外の出席者などにはめずらしく、喜ばれるかもしれませんね。

マイプレシャス・ネームインポエム・引き出物に関する記事

サービスを引き出物として贈る

実は引き出物として贈る事ができるのは物だけではなく、サービスも贈る事ができます。どうやってサービスを引き出物として贈るのかと言えば、サービスが掲載されているカタログギフトがありますので、これを利用するといいでしょう。

引き出物として贈るサービスの中にはクルージングや乗馬体験なども含まれており、普段はなかなかできないサービスも含まれています。

物はかさばるという場合には、サービスのカタログギフトを引き出物として送ってはどうでしょうか。以前と比較していると、引き出物として贈る事ができる物の幅は増えていると思われます。こだわりがある人であっても、満足してもらえるのではないでしょうか。

結婚式で人気の引き出物は?

結婚式で最近人気の引き出物は、記念品ではギフトカタログです。ペアグラスや陶器の皿のセットなどの記念品はゲストが気に入ってくれるか分からないので新郎新婦側も不安ですし、ゲスト側も欲しいものを貰えると嬉しいのが本音です。

また、嵩張らず、重くないので持ち帰るのが楽なのも理由のひとつです。

ひとくちにカタログギフトと言っても様々あり、食品から日常使いできる商品など色々なギフトが掲載されている総合的なものから、グルメに特化したものや体験物が主流ですが、なかには若い層に人気の有名衣料メーカーや有名食料品ブランドのものなどありますので、ゲストの層に合わせて贈り分けをしましょう。

また、引き出物のなかの一つである引菓子では、バームクヘンなどの焼き菓子が定番ですが、そのままの大きさのものより、一度に食べなくとも好きな時に食べられるという理由から、いくつか切り分けられたものが1つ1つ個装されているものが好まれています。

引き出物と一緒に引き菓子を贈ろう

結婚式に来てくれたゲストへ、引き出物とともに贈るのが引き菓子です。

定番で好まれるのは、バウムクーヘンや紅白まんじゅう。特にバウムクーヘンは、「幾重にも重なった年輪のように夫婦がいつまでも一緒にいられますように」との願いが込められていて人気があります。

ほかに、話題のデパ地下スイーツや、2人の地元の銘菓、鶴や亀などのおめでたいモチーフのものも喜ばれます。相場は一般的に、1,000円から1,500円くらいと言われています。選ぶ際には、日持ちするものを選ぶようにしましょう。

また、少人数の家族には、個包装になっているものが望ましいです。ぜひ、引き出物と合わせて引き菓子を贈ってみてくださいね。

気品あふれる結婚式の引き出物

どんな物が喜ばれるかという事を考えた際に気品あふれる結婚式の引き出物は、満足する人が多い様です。

結婚式の引き出物と言ってもゲストは年齢や性別などは全く違います。結婚式の引き出物の中でも、気品あふれる物は年齢が高い人に喜ばれる事が多い様です。

若い人であったとしても、結婚式らしい雰囲気を引き出物で味わう事ができます。

結婚式の引き出物として、カジュアルな物が選ばれる事もあるみたいですが、その場合にはすべての人に対して同じ物を贈るのではなくて、贈る相手を選ぶという事もできます。

現実的には難しくても、できるだけすべての人に対して満足していただける様に真心を込めて決めましょう。

マンネリ化しない引き出物

結婚式にゲストとして呼ばれる事が多いゲストであれば、その分だけ引き出物をいただくチャンスも多くなります。その様なゲストに対しては、できるだけマンネリ化しない様な引き出物が好ましい場合もあります。

できるだけフレッシュだと感じていただける様な引き出物に注目するのもいいでしょう。

引き出物はこの様な物でないといけないという決まりなどはありません。

これがいいと思う物があれば、それを引き出物にする事もできます。常識的だと思える範囲であれば、特にどんな物でも大丈夫でしょう。

しかし、最近ではもらって困る物や、置き場所が困るという物は、喜ばれない事もある様です。その点に注目しましょう。

いろんな意見がある引き出物

地域のしきたりや結婚式のマナーはありますが、それ以外の点については引き出物について自由に決める事ができます。引き出物に関しては、人によって意見が異なるケースもあります。引き出物は二人が納得して選ぶという事が大切です。

時には、引き出物で意見が異なる場合もあると思いますが、その場合にはよく話合いをしましょう。また、引き出物に関しては、ウェディングプランナーが詳しい事もあります。

その地域に関する風習などについても把握している事もありますので、困った時には相談してみるといいでしょう。

他のカップルの事例などについても、詳しく把握していますので、おすすめを紹介してくれる事もあるでしょう。

ウエディング時に決める引き出物

ウエディングで、プランや予算を決める際に悩むものの一つとして、招待客への引き出物があります。引き出物は参加してくれた人たちへの感謝のしるしという形で、式場で振る舞う料理と同じく大切なおもてなしです。

引き出物というのは、招待客からもらうご祝儀へのお礼という形で、両家から渡す記念品のことです。

ウエディングのプランを決めるときに、選べる引き出物としては、カタログギフトやタオルなどの定番アイテムに加えて、バームクーヘンや紅白饅頭といった引菓子と、鰹節や昆布などの縁起物を組み合わせて贈ることが一般的となっていますが、現在ではカタログギフトなどを用いるケースも多いです。

京都でウエディングを挙げるなら「ウエディング 京都」でググりましょう。

引き出物の意味と必要な品数

引き出物は、もともと宴の席でお土産の馬を引き出して見せたことが由来といわれています。ですので、ひと昔前の「結婚式で贈られる引出物」は<お土産>の意味合いが強く、平等に同じ品を贈るのが一般的でした。

ですが現在では、<お祝いのお返し>という考えが定着し、いただくご祝儀にあわせて贈り分ける習慣に変わってきています。引き出物の品数については、地域によってさまざまなマナーがあるようですが、共通していえるのは、ご祝儀と同様に、「分けられない<奇数>で準備する」というのが一般的のようです。

後で後悔しないためにも、準備する際は、その地域のマナーを十分確認されることをおすすめします。

好まれる引き出物の傾向

自分たちが頑張って選んだ物であれば、できるだけ満足して、引き出物を長く使っていただければいいでしょう。どの様な引き出物が好まれる傾向にあるのか考えてみましょう。

引き出物と言っても、比較的万人受けしそうな物もあれば、年齢や性別または個人の趣向によって、好みが分かれてしまいそうな物もあります。

引き出物を贈る際には、ゲストの趣味や趣向を把握できていると、ユニークな物も含めて贈る事ができるでしょう。

しかし、趣味や趣向が分からない人に対して贈る引き出物にユニークな物を選んでしまうと、使いにくいと感じてしまう可能性もあります。

贈り分けをする事も可能ですので、検討してみましょう。

友人や職場の人に贈る引き出物

結婚式の会場には、友人や職場の人を招待する事もあり、その際には引き出物を贈る必要があります。友人や職場の人となれば、身内ではありませんので、少し新郎新婦から遠い関係にあります。

そのため、その人にたちに贈る引き出物は、イニシャル入りなどの物は使いにくく感じる事もあります。市販されている物を引き出物として選択した方が、使いやすく感じられる事もあるでしょう。

身内であれば、写真やイニシャル入りの引き出物でも喜んで使ってもらう事ができても、他人となれば、立場も異なります。

また、会社の上司に対して贈る引き出物については、なるべく上品で高級感のあふれる物が好まれる傾向にある様です。

最近の引き出物の特徴

引き出物は、主に結婚式で招待客に配られるお返しのことを指します。記念品や引菓子(記念品と一緒に渡すお菓子)が大きな紙袋の中に入っているのが一般的な形です。

かつては新郎新婦の名前の入った食器セットなど、持ち帰ってどうすればいいか困るようなものもありましたが、最近では自分の好きな品物を選んで注文できるカタログギフトや、食器などにしても実用的なものが流行しているそうです。

引菓子もかつてはバームクーヘンが定番でしたが、インターネットなどで注文を受け付けているお菓子屋さんも多く、今は定番にとらわれることなく自分の好きなものを選べるようになっています。

引き出物を選ぶ注意点

結婚式を挙げる時には決めなければならない事がたくさんあります。その中でも以外と悩むのが引き出物です。引き出物にもいろいろと決まりがあります。

昔から縁起物といわれる品を贈ることになっています。縁起が良いと言われている鰹節や昆布、赤飯、うどんなどを選ぶカップルが多いです。

最近は鯛茶漬けなども選ばれているようです。特に年配の方には縁起物を贈ったほうが好印象をもっていただけます。

昔からのしきたりにはわからないことも多いので、自分達だけでなく、両家の両親にも相談してどのような品を贈るのかしっかり検討する必要があります

引き出物に込められる思い

結婚式に足を運んでくれた招待客の皆様に自分たちの幸せのおすそ分けを、その日の思い出と共に持ち帰りその幸せそうな姿を思い出すことができます。

2人の個性を反映させることができます。昔の結婚式の引き出物といえば結婚する2人の名前が入ったグラスやお皿などがメジャーでしたが、貰った側は意外と利用に困るというのが難点でした。

しかし、現在ではバームクーヘンは年輪を重ねるという意味も込め縁起物として人気です。カタログギフトなど招待客の、どの年齢趣味嗜好を考える必要もなく相手自身が自由に選べて人気になり主流になってきました。また、プチギフトなどで結婚する2人の名前が入ったお菓子も人気です。

結婚式で人気の引き出物

結婚式で人気の引き出物 縁起物といえばどうやって選んだらいいのか、相場はいくらなのかなど悩まれる方も多いです。そこで相場や最近の人気などを説明します。

まず引き出物の相場は披露宴の飲食費の3分の1を目安に考えるとよいといわれています。また最近はそれぞれの方に応じた贈り分けをする方もいますが、定番としてはカタログギフトがあります。

これなら個々の好きなものが選べるため、やはり何にすればいいかわからないときはカタログギフトを選択するのが一番です。

逆に新郎新婦の名前入りや似顔絵入りはもらってもどう使えばいいかわからず処分にも困るためできるだけ控えましょう。

メニュー

選んで良かったと思える結婚指輪!HOME 婚約指輪 結婚指輪 引き出物 結婚式引き出物 マイプレシャス ネームインポエム 京都結婚式場 結婚式場 ウエディング ウエディング京都

幸せのリング
結婚式の引き出物

結婚式引き出物に選びたいマイプレシャスやネームインポエム。

カタログギフトや引き出物宅配でゲスト一人一人に喜ばれる贈り物を選ぶことができます。

結婚式場について

フォトウエディングも京都の結婚式場を選んでみませんか。